読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panda-Kis 2nd

ぱとのブログです。TV番組の感想はリアルタイムで見れた番組のみUPします。

DREAM BOYS2015についての気持ち

玉森裕太 Kis-My-Ft2 舞台
 
ツアーが発表された翌日、
まさかのキスマイのメールで驚いた。
ツアーの日程見て、
あれ?ドリボは?ってなってたところにどかんときました。
Wキャストということで、なんだか、キスマイの埋め合わせをするためな気がして仕方ない。
半分ずつくらいならわかるけど、6日間だけだよ?
先輩のドリボを見て、今に至っているわけだけど、
生半可な気持ちでやってほしくないんだよなぁ…。
別に本人たちがそういう気持ちだっていう訳じゃなくて、大人の人たちの気持ちの話。
去年は血管を切って、一昨年は肋骨を折って、
そんななかでも、全力でやっていたことは知っている。
けど、今年は今まで以上にハードなものであることは明瞭。
ツアーも舞台もドラマも、バラエティーも他諸々すべてが中途半端な出来になってしまうんじゃないかって危惧してる。
本人は一生懸命やって、全力だとしても、
由緒正しい場所で、長く続いてきた舞台での見られ方は厳しい。
ツアーもドラマもバラエティーもしかり。
全て、満足できるものを、最高の状態で提供しなければならない。
それが、仕事であるのだから。
死んだ魚のようになることは許されない。
「少しずつ上達しました」というものは、同じ額を払って観に来ている人に対しては非常に失礼な話だと思うんだよ。何度も観に来る人もいれば、1度しか見に行かない人もいるわけだから、常に最高のエンターテインメントを提供しなければならないんだよ。
全力=満足ではないんだから。結局始まってしまえば、わたしは彼らを頑張れ頑張れって応援してしまうんだろうし、頑張ったねえ…って労うんだと思うけど、今の気持ちとしては、腑に落ちない部分が多い。
前から言ってるけど、1度どん底まで落とされて、もう応援するのやめようって思ったんだけど、それ以来いい意味でわたしを裏切ってくれていて、もう少しだけ応援しようって思わせてくれてる。
正直、本当の意味で裏切られるのが怖い。
またどん底まで落とされるのが怖い。
万全の体制で臨ませてくれない大人たちにわたしは納得がいかない。
通算500回という数字が大切なのかなって思うと、
駒のように使われているようで、切なくなる。
なんて、つらつらと どんよりなことを書いたけど、
キャスティングされた方々に対してはとても期待していて、素敵な公演が観られることを楽しみにしている。