読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panda-Kis 2nd

ぱとのブログです。TV番組の感想はリアルタイムで見れた番組のみUPします。

植物図鑑

自己研鑽

 

植物図鑑

植物図鑑

 
 
p.304 
ごめん。またいつか。
 
唐突すぎる別れ。やだ。突然現れて、たくさんの植物を見てきて、色んなこともしてきた。これはきつすぎる。ここまで読んできて、ほんわかしてたのに、この消え方が衝撃的だった。
 
p.321
どんなに悲しくても人間は悲しさで死なない。寂しさでも死なない。
 
その通り。無情だ。精神的にはこのまま死んでしまいそうなのに、死なないのが人間である。それがなかなかきついんだよ。思い出したくなくても、ふとした瞬間に思い出して、苦しくなる。でも、死なない。だからこそ、希望があるとも思う。
 
p.336
「その勢いで蹴られたら痛いな」
 
イツキが帰ってきた(ノД`)~゜。
さやかよかったね(ノД`)~゜。
あーーーーーー!もう、本当帰ってきてくれてよかったーーーーー!!!
 
p.343
一緒に生きていきたい。
 
ああああああああああ!素敵すぎる。ずっと待っていた人が帰ってきて、彼のことを深く知れて、彼の誕生日に最高のプレゼントが送れる。幸せすぎる。
 
図書館戦争同様に、「頭を軽く叩く」シーンがある。有川作品だなあとしみじみ。すごく温かい内容だった。なのに、すぱっといなくなるのが、すごく衝撃的だった。温かい色の作品のように感じていたのに、いなくなった瞬間に色がなくなったように感じた。正直、涙が出てきた。突然現れて、いつかはいなくなるってさやかはなんとなく感じていたのに、いざいなくなると、現実を突きつけられたような感覚だったと思う。そばにいてくれた人が突然いたくなったらきつすぎるって。でも、さやかは徹底的に引きずった。イツキも、けじめをつけるためにいなくなって、逃げていたものと闘った。そして、イツキもさやかを思い続けて、決着をつけて、さやかのもとへ戻ってきた。本当に本当に有川作品好きだ。