読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panda-Kis 2nd

ぱとのブログです。TV番組の感想はリアルタイムで見れた番組のみUPします。

感じるままに輝いて。

 

中学生のときに、PRカードを書かないといけなくて、何となく書いた夢。

気がついたら、それが本当の夢になった。

高校のときに、得意だと思っていたのに

得意ではなくなっていた。

悔しくて、誰よりも勉強した。

第一志望に合格できなかった、大学受験。

でも、浪人するほどわたしには力が残ってなかった。

夢のために始めたアルバイト。

なのに、マンネリ化して、夢がぼやけていた。

就活もうまくいっていて、夢が夢でなくなっていたような気がする。

でも、何の関係があるのかよくわからないと言われていた実習で、無茶振りをされたおかげで、夢になった理由を思い出すことができた。

就活と勉強の両立、かつバイトも遊びも詰め込んで、多分友だちの中ではかなり忙しくしていた方だと思う。

でも、夢を叶えることはできなかった。卒業式直前、ゼミの先生から直々に電話があった。

そして、内定の会社をけって、夢だった職業についた。

半分夢を叶えたのだ。

その夏、100%夢を叶えるチャンスがあったが、結局ダメだった。

同じ年の夏。キスマイ3周年。

「感じるままに輝いて」がカップリングに入ったCDがリリースされた。

みんなはキスマイがここまで来たことへの歌のような気がすると言っていたが、わたしは、自分の夢が叶っていないことや、夢を叶えるまでまだまだかかるのかなって思っていたことと歌詞が一致していて、聴くことができなかった。

夢が叶ったら、この曲を飽きるほど聴こう、それがもうひとつの小さな夢になった。

夢を叶えるために学校に通い始める。

翌年、異動。

わざと別の職場を選んだ。

社会人1年目は、甘やかされていた分、

2年目の職場は、すごくきつかった。

仕事量に負けそうになった。

…けど、そんな簡単に折れるわたしじゃない。笑

夏の挑戦はそうそうに終わった。

学校はわたしには合ってなかった気がする…という本音。

ただ、無駄ではなかった。

だって、同じ夢をもつ人とたくさん出会えたから。

そして、同じ職場2年目。

去年までとは違う要項がでた。

わたしの最も苦手とする分野が追加されたのだ。

この分野が免除されていたから、いつかは受かるだろうと思っていた。

しかし、これはわたしの苦手を克服するチャンスになるんだろうと思い、克服できる学校をすぐに探し、通うことにした。

決めたらすぐに動く、これが良くも悪くもわたしの性格である。

というか、親がそういうふうに育てた。爆

違う配属になり、ベテランが多く、

また自分自身、1年の流れを把握していたこともあり、すこし余裕ができた。

多くの方にたくさん助けられながら終えた夏。

1つを除いて、全てに自信がかなった。

でも、周りは大丈夫だよって言ってくれた。

不安しかなかったけど。

 

そして、発表日。

朝7:00、普段よくお世話になっている方から「あんなに頑張ったんだから、大丈夫だよ。1次試験だって、あんなに自信ないって言ってたのに受かったでしょ?」と言われ、ポン菓子?の人参を渡されて「はい、合格祝い」と、結果が出てないのに言われ、泣きそうになった。

多分1番応援してくれていた中の1人なんじゃないかと思う。

朝から仕事でバタバタしていて、どちらに転んでもいいように、全て終わって、ひっそりと結果を見ようと思っていた。お昼に行こうとしたところを管理職に呼び出され、強制的に確認させられた…笑
ただ、管理職は先に見ていたよう。

 

そして、無事に合格。

 

たくさんの人におめでとうと言っていただけて、プレゼントまでいただいてしまった。

 

そして、帰り道。

もちろんBGMはKis-My-Ft2「感じるままに輝いて」。

やっと聴ける。2年越し。

 この曲を聴くと、ここまでの出来事が思い出されるんだろうなあ。

 

今年は特に、わたしは本当に幸せ者だなあと思える1年だった。

そして、何より、初めて第一希望としていた夢を叶えることができた。

色々遠回りしてきた。

でも、ちゃんとたどり着いた。

本当にありがとうございました。

 

そ!し!て!
これで、心置きなく、来年の夏に海外に行ける!!!
夏に試験があるから、ずっと我慢していたんだよね!

 

あああああ、まだ、信じられない。

これから、どうなるのかわからないけど、今まで通り全力でやるのみ!がんばる!!!!!