読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panda-Kis 2nd

ぱとのブログです。TV番組の感想はリアルタイムで見れた番組のみUPします。

昨夜のカレー、明日のパン

 

 

 

p.20

自分には、この人間関係しかないとか、この場所しかないとか、この仕事しかないとかそう思い込んでしまったら、たとえ、ひどい目にあわされても、そこから逃げるという発想をもてない。

 これ、すごく納得できた。

ここしかない!と思ったら、どんな状況になっても、耐えようとする人が多いよなーって。

だから、心の病にかかってしまったり、自らの命を殺めてしまったり。

自分で苦しいって思えないくらい麻痺してることもあると思うの。

無意識のうちに、自分の本当の状況を把握できなくて、楽しいんだって思い込んでることもある。

そして、その苦しみに気がつかず、突然暗闇に落ちてしまう。

逆に、自分が苦しんでいると気がついたとき、良い方にもっていけるか、悪い方へ向かってしまうか…

自分で気づくことができれば、それが最良だとは思うけど、気づかせてあげられる人が、1人でもいたら、いいんだろうなあと思う。

p.225

本当にあったことでも、いずれはそれは記憶の中で、曖昧になってゆくだろう。本当かどうかなんて、どうでもいい気がした。そういう記憶をまといながら、どこへ行くのかわからないけれども、オレはゆるやかに変化してゆくのだ。

 本当にあったことなのかなって、時間が経つにつれて、曖昧になっていく。

それが、人間の脳の良いところでもあり、悪いところでもある。

ありがたいことに、人間の脳は悪いことを忘れやすいという特徴がある。

しかし、良いことだって、もちろん忘れてしまう。

ずーーーっと覚えていたい!と思っても、ずーーーっとなんて覚えていられない。

断片的に覚えていても、すべてを鮮明に、ずーーーっと覚えておくなんて、凡人には不可能なんだと思う。

だから、わたしはこうして記録をとっているわけなんだけども。

ただ、本当にあったという事実は消えなくて、良くも悪くも必ず自分に変化をもたらす。

すぐには変わらなくても、ゆっくり色々な出来事を積み重ねながら。

久々に会う友だちに、変わってないね!とか変わらないね!って言われても、きっと大きく変わってない大枠の中は、少し変わっているのだと思う。

p.232

「夕べのカレー」

 一樹とテツコの出会い。

まさか、こんなに前に会っていたとは。

そして、ここで「夕べのカレー」が出てくるとは。

さらに「明日のパン」もここで出てくるとは。

読み進めながら、どこでタイトルの意味がわかるんだろうって思ってた。

最後の最後で、わかるとは。

ただ、ひとつ気になることがあって、タイトルは「昨夜のカレー」。でも、物語の中では「夕べのカレー」。これって、何か意味があるのかなあ…?