読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panda-Kis 2nd

ぱとのブログです。TV番組の感想はリアルタイムで見れた番組のみUPします。

2016.12.26 SMAP×SMAP

 

録画するために、一旦帰った。

これを録画しないと後悔するって思ったから。

 

外出して、帰って、

ちょうどラストステージだった。

映し出される今までの映像。

正直、思い出があったわけじゃない。

でも、涙が止まらなかった。

 

わたしが生まれたときからSMAPはいた。

当たり前のようにテレビに映っていた。

笑っていいとも!とか、うたばんとか、

ドラマとか、必ずSMAPはいた。

だから、SMAPのいない世界が全然想像できなかった。

SMAPというグループがなくなった彼らは、一体どのようにわたしたちの目に映るのだろうか。

 

SMAPの映像を見ていて、重ねてしまうものがあった。

Kis-My-Ft2である。

色々な思いをしながら、ここまでやってきたKis-My-Ft2と、重ねた。

厚かましいかもしれない、おこがましいかもしれない。

でも、重ねずにいられなかった。

 

そして、ラストステージ。

世界に一つだけの花を歌うSMAP

涙をこらえながら歌う中居くん。

ずっと守りたいと思っていたSMAPを手放さなければいけない気持ちって、どんなものなんだろう。悔しい?悲しい?わたしには全く想像がつかない。

 

それぞれが映し出されて、SMAPにたくさんお世話になったなって思ったら、さらに涙が溢れた。

 

中居くんには、全員がお世話になりました。舞祭組を広めてくれた。嫌だって思ったこともあったけど、大変なときでも、時間を割いてくれた。ATARUでは、たまちゃんのことを「玉」って呼んでくれて、たまちゃんが現場で1人にならないように、気にかけてくれた。北山くんも、中居くんを憧れの先輩だと言い、その背中を必死に追いかけた。Kis-My-Ft2のことをたくさん可愛がってくれて、感謝しても、しきれない。

 

木村くんには、がやさんが1番お世話になりました。木村さん!木村さん!って、すごく嬉しそうに話していたこと。木村さんに太輔って呼んでもらったり、お洋服をいただいたり、買い物に行ったり、がやさんは本当に幸せそうだった。がやさんが後輩の姿を見せるのが大好きなわたしにとっては、最高だった。

 

稲垣くんには、たまちゃんのドラマにゲスト出演していただきました。今まで、SMAPのバーターをたくさんやってきて、そのSMAPの稲垣くんがゲストに出てくれると聞いたとき、わたしはとても嬉しかった。少し、キスマイが認められた気がしたから。スマスマで、舞祭組を歌ってくれたこと、舞祭組を歌わなくて昇格した!って話してくれたこと、すごく微笑ましかった。

 

草なぎくんには、たまちゃんが特にお世話になりました。ドラマではたまちゃんがかわいいって、可愛がってくれて、たまちゃんとの対談はとても温かそうな雰囲気でした。2人の歌声を重ねたとき、とても似てるなあって感じたのを覚えています。

 

香取くんには、デビュー前のたまちゃん、デビュー後の北山くん、そして、コントでお世話になりました。おじゃマップで、北山くんにビールを飲ませてくれて、北山くんが嬉しそうにビールを飲んでいたこと、すごく鮮明に覚えています。

 

Kis-My-Ft2がまだJr.だったとき、

スマスマに出て、SMAPのバックで踊りたいと言っていて、デビューしてSMAPのバックで踊ることができたこと。さらに、SMAPKis-My-Ft2のバックで踊ってくれたこと。SMAPとの共演は、Kis-My-Ft2全員がとても嬉しそうだったこと。なにより、Kis-My-Ft2の良さを常に引き出してくれたこと。

 

ドッキリを仕掛けられて、たまちゃんが涙目になったこともあった。それくらい、Kis-My-Ft2のデビュー当時はSMAPがとても遠い存在で、萎縮してしまっていたけど、SMAPの心遣いにより、適度な緊張感をもちながら、偉大な先輩の背中をとても近くで追うことができて、本当に恵まれていた。

 

これからSMAPのメンバーがそれぞれ、どのような道を選ぶのかは、わからない。でも、Kis-My-Ft2SMAPというグループの大きな背中を追うことはもうできない。

 

 SMAPという偉大な先輩がいたこと。

たくさんお世話してもらったこと。

たくさん成長させてもらったこと。

絶対に忘れないでほしい。

SMAPという大先輩から学んだことを、自分自身においても、後輩においても、次に繋げていってほしい。

 

そんなことを思いながら、ラストステージを見ていたら、涙が止まらなかった。SMAPについて、詳しくは知らない。でも、当たり前に存在している人たちだったのだから、いなくなったら、とても寂しい。SMAPKis-My-Ft2という関係性は、わたしの中でとても大きなものだったんだなって強く感じている。

 

ラストステージ後、いつも通り震災への募金を呼びかけたSMAP。どこまでも国民的スターだなって思った。毎週毎週、必ず呼びかけていた人たちが他にいただろうか。

 

この世にあるものは、いつかなくなる。

デビューしたからって安心できるものではなくなった。

だからこそ、一瞬一瞬を大切にしたいと強く思う。

 

今まで、ありがとうございました。

これからの活躍に期待しております。